Press "Enter" to skip to content

離婚トラブルを解決するには離婚専門の弁護士に相談

慰謝料請求や財産分与を適切に行うために

離婚の慰謝料や財産分与の話を進める場合は最初から裁判に持ち込まれる事は決して多くありません。ほとんどの場合は示談交渉から始まってそれが成立しない場合は調停に入ります。それも不調に終わった場合は裁判によって結論を出すしかありません。裁判での判決には示談と違ってそれに納得したかどうかは関係なく強制力があります。裁判では離婚に至るまでの事実について裁判官に主張するだけでなく、それを第三者からも認められる形で立証しなくてはなりません。しかし素人が裁判の場でそれを上手く行うのは難しいので、弁護士に依頼して裁判を進めていくのが得策です。その時に依頼する弁護士は離婚問題に強い弁護士の方が良いので、離婚問題を多く取り扱っていて実績のある法律事務所を探して相談すると良いです。弁護士費用は後で予想以上に高額になると支払いに困るので、依頼をする前に細かく確認する事が大切です。

相手との交渉が正常に行えない時は弁護士に頼むべき

互いが交渉して慰謝料や財産分与に関して話し合う段階では本人同士が話し合いをして解決できるケースも少なくありません。しかし離婚の原因が一方の家庭内暴力であったりすると相手とまともに話す事ができないという事もあります。そのような状況で慰謝料や財産分与について正常な話し合いができるとは言い難いので、特殊な事情がある場合は弁護士に裁判になる前の段階からサポートしてもらうべきです。裁判に発展する事で余計に費用がかかる事もあるので、早い段階から弁護士にサポートしてもらえば費用を抑えられる結果になる事もあるのです。

mikataとは、交通事故や争続問題など、弁護士を雇う費用や相談料が必要になった場合に備えるための保険です。