Press "Enter" to skip to content

資産運用は若いうちから始めると時間の流れを利用できます

既に資産がある人だけのものではありません

資産運用という言葉のイメージから、初老のお金持ちが証券会社などで話をしている状況が想像されますが、決してそのような人たちだけのものではありません。むしろ若い方のほうが利益を出せる可能性は高いと言えます。例えば30歳の方なら、平均寿命までは概ね50年あります。その間に株価などは大きく変動しますが、数年から数十年に一度の好景気に何度も乗る機会があり、長期投資で大きな利益をあげることが出来るでしょう。また、配当の存在も長期投資では重要です。収益をそのまま再投資に回す場合、複利での運用が可能になります。大型株でも利回り3パーセントを超える銘柄が多数存在しており、例えば3%の利回りで24年間保有すれば資産は倍になります。(株価の水準が同じとして)

このように、若い頃から資産運用を始めておくと、購入した株式が値上がりすることに期待しなくても、時間をかけて利益を出すことができるのです。

プロによる投資アドバイスの利用を

投資信託を資産運用の方法の一つに考えている方は、元手が増えてくるとファンドラップを用いても良いでしょう。もとは富裕層向けのサービスでしたが、近年では最低投資額が数百万円に下がり、一般の方でも利用できるようになりました。プロのアドバイスを受けられますし、基本的に購入したままで利益があがりますので、投資判断が必要な金融商品により多くの時間や労力をかけられるようになります。

年功序列や終身雇用が約束されない今、多くの人が将来に不安を抱えています。資産運用はその不安を軽減する力になるでしょう。

原油の先物取引とは、将来の特定期日に決済する原油の価格を決める取引を指します。その価格は、基本的にニューヨーク原油価格を元に同じような値動きをします。