Press "Enter" to skip to content

忙しいサラリーマンでも続けられる積み立て投資信託とは

将来のために資産運用は必要かもしれません

資産運用というととても難しいものと考えてしまいがちです。しかし将来の年金に不安がある現在では、資産運用を行って老後の資金作りをしたいと考えている人が増えています。

将来の資産づくりには積立投資信託があります

資産づくりといっても、不動産投資や株式投資など色々な方法があります。しかし、最近注目されている投資方法に積み立て投資信託と呼ばれる方法があります。投資信託とは文字通り信じて託すことです。つまり自分でお金を運用する代わりに、専門家に任せて運用をお願いすることです。投資をするときは、どんな金融商品をいつどれだけ買うのかを自分で判断しなければなりません。しかしそれを行うためには専門の知識が必要になります。しかし投資信託ではそれらの判断を専門家に任せることができるのです。

分散投資することでリスクも分散されます

投資信託の大きな特徴は、世界中の株や債券などを分散して投資できることです。イメージすると大きな透明の袋にたくさんの株や債券などを入れている状態です。これなら1つの株を持つよりもリスクが分散されるメリットがあります。

給与口座から自動引き落としが可能です

リスク分散ができる投資信託ですが、これを毎回証券会社から購入するのは手間がかかります。そこでおすすめなのが積立投資信託と呼ばれる方法です。これは毎月の給料の中から一部のお金を投資信託に回す方法です。給与口座から自動的に証券会社へお金が引き落すような仕組みを作ってしまえば、ほったらかしにしてもお金が積み立てられます。この積立投資信託は普段仕事で忙しいサラリーマンにおすすめの投資方法です。

金の先物の投資を始めるにあたり、さまざまな証券会社の実績に注目をすることで、損失をなるべく抑えることが大切です。