Press "Enter" to skip to content

運用商品を知って、賢い資産運用を始めよう!

資産運用は正しい知識を得てから!

給料もなかなか上がらず、年金も今後どうなるか分からない今の世の中で、将来に不安を抱えている人は少なくありません。これからの時代で、うまく自分の資産を運用して増やすことのできるスキルは、ますます不可欠なものとなるでしょう。ただし、株が上がった、〇〇で儲かったなどの雰囲気になんとなく乗っかってしまって安易に資産運用をしてしまうと、大事な自分の資産を大きく失いかねません。資産運用の正しい知識とノウハウを持つことは、これから資産運用を考える人にはとても重要なことです。ここでは、代表的な運用商品である投資信託についてご紹介します。

投資信託の特徴とは?

株式市場で特定の銘柄を選択して投資することは、知識がないと難しいでしょう。また、特定の銘柄に投資すると、利益の全てはその銘柄の変動に左右されてしまいます。投資信託は、資産運用な専門家が投資家から集めた資金をもとにして運用を行うものです。利益は投資家の投資金額に応じて配分されます。投資スタイルは2種類あり、日経平均やTOPIXなどの基準値を上回る運用を目指すアクティブファンドと、これら基準値に連動するような運用を目指すインデックスファンドがあります。投資信託のメリットは、集められた資金が複数の銘柄に投資されているという分散投資によるリスクの軽減、少ない金額で気軽に投資できることが挙げられます。一方、デメリットは、分散投資とはいえ、市場全体が下落すれば大きな損失となる場合があることや、通常の売買手数料の他に信託報酬が発生するというコスト面にあります。

賢い資産運用の考え方とは?

下降局面での見切りや上昇局面で欲を出さないなど目標値をしっかり持つこと。加えて、現状把握と正しい知識が大切です。

ガソリンの先物取引を始めるにあたり、早いうちから専門性の高い証券会社のサービスの内容を知ることが重要です。