Press "Enter" to skip to content

初心者必見!信用取引の分かりやすい仕組み

信用取引の仕組みを知る

信用取引とは、実際に投資する金額よりも大きな金額の投資ができる仕組みの事です。信用取引の反対には現物取引があり、現物取引は実際の投資金額と投資金は同じ取引です。

例えば現物取引の場合、100円を支払って100円の商品を購入するイメージです。これが信用取引になると、100円を支払って1000円のものを購入するという事になります。900円分の支払いは文字通り信用で購入した事になります。ただこれを厳密に説明すると、100円で1000円の商品を購入した事とするだけなので、実際に手元に商品が届くわけでもなく、また購入した事にした後は必ず売却した事にしなければなりません。この点が現物取引とは違う点なので。

信用取引のメリットとデメリット

信用取引は100円で1000円の商品を購入した事にできるので、実際に支払った金額よりも大きな取引が出来る仕組みになっています。これが信用取引の最大のメリットでありデメリットでもあります。つまり、小さな投資金額に対して、多きな利益を生み出せることが最大のメリットであり、逆に投資金額よりも大きな損失を出してしまう事がデメリットだと言えます。更にこれは現物取引とは違い、投資商品の値動きが小さくても大きな利益や損失が出ると言うことです。長期投資よりもかなり短期投資で大きな利益を狙う方には最適な取引です。ただ、損失も大きくなる可能性がありますので、実際の投資金額を常に意識して慎重に投資する必要があります。

信用取引の費用は、証券会社に預ける証拠金と取引手数料が基本で、買う場合は金利、売る場合は貸し株料が必要となります。