Press "Enter" to skip to content

できるだけ安全にネットショップの決済をする方法

クレジットカードを使った安全な決済方法

クレジットカードは、決済手続きをする際にも暗号化でデータのやり取りができるサイトが多いので、適切にパスワードなどの管理ができていればほぼ大丈夫でしょう。心配な場合は、バーチャルカードを利用する方法もあります。バーチャルカードは、ネット上での決済で使えるカードで、サイトの中で取引金額の管理がされ、実態のある形で発行されません。予め決められた金額をカードからチャージしておき、決済にはネット上に登録したカードを使うため、ネットショップに実際のカードの情報が渡る心配がありません。金額が足りない場合は、後から追加することも可能です。ただ、バーチャルカードに対応していないカードもありますので、事前に確認してください。

電話番号だけで決済が可能なCVSネット決済

CVSネット決済は、コンビニの情報端末を利用した決済方法で、購入時に連絡先に指定した電話番号と受付番号の入力で支払いが可能です。決済の流れとしては、最初にショップサイトで手続きをした後に、メールで受付番号が通知されます。対応するコンビニに出向き、端末から2つの番号を入力すると内容を確認する画面が表示され、確認ボタンを押すと払込票が発行されます。規定の時間内に払込票を持ち込んで、レジで支払い可能です。現金だけでなくクレジットカードも利用できますし、ネットショップとコンビニが提携している場合には、電子マネーでの支払いも可能になっています。コンビニの店舗によっては、払込票の印刷を自宅のプリンターでできる場合もありますし、メールの受信先をスマートフォンに指定すれば、レジで提示して受付番号のバーコードを読み取るだけで、手早く支払いができる所もあります。

決済代行サービスとは、手数料を払い代わりに決済を代行してくれることですが、商取引で一番パワーを使うのが決済なのでそこを任せて、売れる商品を作るなど事業に集中できるのが魅力です。