Press "Enter" to skip to content

高校の転入をする時の手順と試験内容とは?

新たな高校に転入したいと思ったら?

新たな高校に転入したいと思ったら、まずは現在通っている高校に連絡をいれて、転入したいという旨を伝えましょう。すると、通っている高校からの在籍証明書や成績証明書、転学照会書などを発行してもらえます。その後転入したいと考えている高校に電話で連絡を入れ、転入可能かどうか尋ねましょう。転入が認められれば、転入手続きをするための書類を新たな高校に提出しなければいけないため、用意する必要があります。転入前まで通っていた高校で発行して貰った書類を提出することになる場合が多いので、無くしたり汚したりしないようにしっかりと保管しておきましょう。

転入試験の内容とは?

編入の場合は編入試験というものがあるのですが、転入の場合は試験がないケースもあります。新たに転入使用としている高校のに転入試験があるのかどうかは、転入する前に確認しておくと良いでしょう。転入試験に合格しないと転入出来ないケースもあるので、勉強が必要な場合はしっかりと勉強しておくことも大切です。

転入する時に気をつけることとは?

何か問題を抱えて転入しようかと考えている場合、転入することで高校生活がクリーンになると期待して転入する場合もあります。しかしながら、転入先の高校で必ずしも良い高校生活に変わるかどうかは保証されている訳では無いのです。新たな高校を良いものに変えるかは自分次第なのです。まずは自分自身の問題と向き合い、どうしたら転入先での生活が良いものになるかを、再確認してから転入先の現状なども踏まえて転入先の高校選びの検討すると良いでしょう。

高校転入はいわゆる転校と同じです。単位に関しては条件にもよりますが前の学校の単位や出席日数が引き継がれるので3年で卒業をすることが可能です。