Press "Enter" to skip to content

意外と知らない?通信制高校に通うメリット

自分の自由な時間が多く取れる

通信制高校の受講スタイルは、主にスクーリングとレポートという、ふたつの要素で構成されています。スクーリングとは、実際に学校に登校して授業を受けることを指します。学校によっても異なりますが、月に数回程度のところが多いです。レポートは、スクーリング後に授業の内容を踏まえて取り組む、課題のようなものを指しています。レポートは郵送でやり取りするので、学校に出向くのはスクーリングや特別な行事のときのみ、ということになりますね。

学校に滞在する時間が少ないということは、つまり自分の時間が多く確保できるということでもあります。上手に予習復習をこなしてレポート作成さえできれば、あとはアルバイトに専念するのも、趣味の時間に没頭するのも自由です。これだけでも、通信制高校を選ぶ充分なメリットになるのではないでしょうか。

スケジュール管理の能力が身につく

通信制高校では自由な部分も多いですが、それは逆に自己管理の必要性が増すということでもあります。月に数回のスクーリングへの登校も、レポートの提出も、決して強制されたりはしません。でも、やるべきことをやらなければ卒業にはたどり着けない。

「強制されていない自由」のなかで、いかに自分と向き合い、自分に合ったスケジュールの立て方を見つけるか。これは一見、難しいようでいて、人間の生活において当たり前に持っているべき、常識とも言えるものです。自分から進んで勉強をすることは、最初の数ヶ月は辛いかもしれませんが、続けていくうちに自然と自己管理のコツがつかめてくると思います。

通信制高校を考えているけれどどこがいいのか、どんな学校がいいのかお悩みの方へ。通信制高校なら熊本がおすすめです。10校以上の通信制高校から選べて様々なコースを選ぶことができます。