Press "Enter" to skip to content

日本に除々に広まりつつあるフリースクール

欧米で誕生した新しい教育機関

フリースクールはヨーロッパやアメリカなどにおける新しい教育運動の中で生まれた教育機関で、既存の公的な教育に縛られず独自の教育を行う機関のことです。日本の場合は不登校になった若者が通う民間の教育施設で、塾と同じ無認可施設という位置づけとして扱われています。公的な学校の科目にはない授業が行われたり、マンションや民家などで少人数で学習したり、大勢の生徒の中で学ぶ施設もあります。学習塾がフリースクールという名目で子供たちを受け入れているケースもあり、いろいろな形態が存在します。

フリースクールのメリット

フリースクールのメリットは、通常の学校では教えないような学習スタイルをすることが可能です。例えば授業について来られないような生徒に対して、ワンツーマンで理解するまで教えてくれたり、生徒毎によって中学校レベルの勉強をしたり、大学受験レベルの勉強をしているケースがあります。通常の学校では制服など校則を重視している傾向にありますが、フリースクールの場合は基本的に服装は自由で、スクールのスタッフと生徒の間には上下関係があまりない自由な雰囲気です。何かに抑圧されるということが少ない環境なので、のびのびと勉強することができ、ひとりひとりの自主性が育つでしょう。さまざまな理由で不登校になった若者にとって、フリースクールは大きな心のよりどころになっています。フリースクールの中には一般の学校と同じく制服を着たり、部活動を行っているようなスクールもありますが、基本的に生徒の自主性を重んじている傾向があるので、校則などが厳しくないケースが多いです。

フリースクールとは、いじめや、うつ病、発達障害など様々な理由によって学校に行けなくなってしまった訳アリの子供たちのための学校です。